ARCHITECTURE 空高く、並木道の街並を創造するモダンなランドマークを、この地に。 ARCHITECTURE
空高く、並木道の街並を創造するモダンなランドマークを、この地に。

美しい並木道のこの地に出会い、目指したのは街並景観との調和。
それは、豊かな自然とゆるやかにつながりながらも、新しい息吹を生み出す、シンプルでモダンな建築美の創造。
住む人々の心を捉え、通り行く人々の視線を空へと誘う、街の誇りとなるランドマークが誕生します。

阪神間モダニズムの気風を受け継いで、街並を創造する建築デザイン。 阪神間モダニズムの気風を受け継いで、街並を創造する建築デザイン。

阪神間モダニズムの気風を受け継ぐ、シンプルでモダンな建築美を追求。
中層には、水平ラインを設け、二層構成の外観デザインを創出。
外観には磁器質タイルで風格を与え、空へ伸びるマリオンで軽やかなリズムを生み出し、
ガラス手摺によりシャープな表情を演出するなど、街並に新しい息吹をもたらす邸宅を創造します。

MATERIAL

閑静な住宅地と調和し、風格を醸す素材として。 閑静な住宅地と調和し、風格を醸す素材として。

外壁には、アースカラーの磁器質タイルを採用し、街並の気品や豊かな自然と調和する外観を創出。エントランス周りには、御影石やデザイン性の高いボーダータイルを取り入れ、建物の風格を高めています。

GARDEN

街を彩り、四季の移ろいを感じる植栽計画を。 街を彩り、四季の移ろいを感じるランドスケープ。

エントランス前の歩道状空地は並木道とし、南側には、春の深紅が美しいキリシマツツジ、秋の紅葉が印象的なイロハモミジ、緑の葉色が鮮やかなカツラなどを配し、四季の移ろいを感じるランドスケープとしています。

ARCHITECTURE 暮らしの豊かさを実感できる細部まで上質を求めた意匠美を ARCHITECTURE
暮らしの豊かさを実感できる細部まで上質を求めた意匠美を

この地が受け継ぐ、阪神間モダニズムの気品。
住む人の誇りを育み、訪れる人の憧憬を誘う、この街の邸宅に相応しい、細部まで上質を求めたパブリックデザイン。
それらは、機能性を宿した建築の意匠美として結実し、豊かさを実感できる洗練された暮らしが広がっていきます。

自邸への誇りをもたらす洗練と風格が共存するエントランス。 自邸への誇りをもたらす洗練と風格が共存するエントランス。

エントランスを前にして、そこで感じるのは自邸への誇り。庇のアルミパネルと御影石の柱が、洗練と風格が共存するアプローチ空間を創出。シンボルツリーには、株立ちのシマトネリコを採用。軽やかに伸びる樹形と、爽やかな光沢を放つ緑が、建物の表情を美しく彩ります。夜は照明が織り成す柔らかな光が、情趣に満ちた特別感を与えてくれます。

都会の喧騒から離れた迎賓の風情。自邸へと誘うマテリアルの妙。 都会の喧騒から離れた迎賓の風情。自邸へと誘うマテリアルの妙。

ガラス・石・光が織り成す、エントランスホールの品格。御影石の柱を連続的に配したデザインウォールが、洗練された迎賓の空間を創出。エントランスホールからエレベーターへと続く通路には、ルーバー天井に間接照明を配し、自邸へ誘う穏やかな時を演出します。

ホテルライクなラウンジの形成。快適を身近に感じる機能の充実 ホテルライクなラウンジの形成。快適を身近に感じる機能の充実

自邸への誇りを高めるラウンジを実現。床の一部には木調タイルをヘリンボーン貼りとし、阪神間モダニズムの印象を継ぐホテルライクの空間を創出。奥のテラスには、イロハモミジと光の列柱を配したデザインが、住む人の美意識を満たします。また、その他の共用空間として、ペット足洗い場、宅配ボックスなど、快適を身近に感じる機能も備えています。

※掲載の建物写真は平成28年7月に撮影し、CG処理を施しております。あらかじめご了承下さい。 植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。※共用施設の家具・調度品等につきましては、インテリアコーディネイト上の理由等により変更となる場合があります。※雨樋、エアコン室外機、給湯器等の表現を省略しております。